認知症予防あるある体験談

認知症の親の介護を13年間経験していました!

*

認知症の介護が虐待につながらないために気をつけるべき事

      2016/01/05

《注目》1ヶ月間匂いを嗅いで認知症の母の暴言や暴力が改善したアロマはコチラ

杖を握るシニア認知症の介護をしていたが介護がいつの間にか虐待に。。。そして両親の命を奪ってしまう。これって現実にあるんです!いつの間に自分の父親や母親が認知症になっていた。

親族の高齢者への虐待は1万5731件とも言われています。その多くが認知症なんです。ではなぜ認知症の老人が家族から虐待を受けてしまうのでしょうか?

認知症患者が虐待を受けてしまう理由について

認知症患者への虐待理由の多くは理解不足や家族が一人で介護をしている状況での虐待というのが非常に多いです。知らぬ間に介護から虐待になっていたなんてケースもあります。

なんで同じことを言っても理解してくれないんだろう?もういい加減に疲れたといったところから、介護拒否や暴力へと繋がってしまいます。

認知症患者による暴力や暴言の原因と対処方法 

認知症をしっかりと理解すること

では認知症とは一体なんなんでしょうか?なぜ何度も言っても理解してくれないのか?それは認知症が脳の病気であるからです。認知症の症状は徐々に徐々に悪くなっていきます。いきなり朝目覚めたら父親が認知症になっていた!

母親が認知症かもしれないというのはありません。いつの間にか認知症になっていたというように少しずつ進行しています。

また介護は自分がしなくちゃというように自分一人で抱え込んでしまう事も虐待に繋がっていきます。一人で介護が辛い場合はデイサービスを利用したり家族で役割を分担したり、介護施設を利用するというのも一つの手段です。

介護は一人ではなかなか厳しいものです。また今日明日に介護が終わるというはわけではないので、長い目で介護をする事が虐待予防に繋がっていきます。

もし家族が認知症かもしれないと思ったら早めに早めに治療や診断を受けるようにしましょう。認知症でも治療で治る場合や症状を遅らせることも可能です。

介護が虐待にならないためにも協力して家族を守りましょう!

認知症の症状なのか?一日中寝ていて起きるのを億劫がる祖母の様子が心配!

01

実際に認知症の母に効果のあったアロマの詳細を見る


 - 認知症

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

dementiasupport
認知症がある要支援1の母が入院!認知症の症状が進行するのを少しでも遅らせるための3つの工夫

進む高齢化。高齢になるにつれて増えてくるのが認知症です。認知症の有病率は、65歳 …

dog
認知症予防やボケ防止にはペットを飼うと効果がある!

屈託のない瞳で愛らしく、そのしぐさや行動は、時に笑いを誘ったりとペットは私たちの …

医師 高齢者 おばあさん 医療
アルツハイマー型認知症の寿命について!

アルツハイマー型認知症の寿命は個人差が大きい アルツハイマー型認知症は発症年齢や …

home
医療費控除と介護施設費用について!

在宅介護が無理になった家族。介護施設に入居が決まり、毎月の費用を負担するようにな …

old
若年性痴呆症の症状と原因をチェック!診断や検査について!

若年性痴呆症(認知症)は、18~64歳以下で発症する認知症のことです。高齢者のも …

介護
認知症患者が施設を嫌がる・帰りたい!そんな時の対処方法は?

認知症の両親を施設に入居させたいけど本人が嫌がってるというのはよく聞きます。今ま …

longlife
東京でオススメの認知症患者の施設は?口コミや料金はこちら!

ロングライフ葛西(東京都江戸川区中葛西5-22-14) 駅から徒歩5分という利便 …

食事介助
アルツハイマー型認知症の初期症状と重度の末期症状は?

アルツハイマー型認知症の初期症状 アルツハイマー型認知症のもっとも大きな症状は「 …

認知症
アルツハイマー型認知症の症状を段階チェック!

アルツハイマー型認知症初期~中期 アルツハイマー型認知症の初期は、老化によって起 …

dementiasupport
認知症やボケ防止にオススメの食品や食材は?

食べたものが思い出せない。よく会う人の名前を思い出せない。仕事中に大事なことを忘 …