認知症予防あるある体験談

認知症の親の介護を13年間経験していました!

*

若年性痴呆症の症状と原因をチェック!診断や検査について!

      2016/01/06

《注目》1ヶ月間匂いを嗅いで認知症の母の暴言や暴力が改善したアロマはコチラ

old

若年性痴呆症(認知症)は、18~64歳以下で発症する認知症のことです。高齢者のものだけではありません。若くてもなるものと心得ておくことが重要です。

現在、日本では27000~35000人の患者数とみられていますが、実際はその3倍以上という予想もされています。

症状は日常生活の些細な事から始まります。

若年性痴呆症(認知症)の初期症状について

例えば、同じ話を何度も繰り返したり、日付や曜日、場所が分からなくなったり、会話に詰まったり(よく知っているはずの単語がでてこない)、うまく計画が立てられず、料理ができなくなったり、簡単な計算ができなくなったりします。

特に、脳卒中になった事がある、高血圧、糖尿病の疾患がある、食生活の乱れ、運動、睡眠不足、強い心的ストレスがある人は要注意です。

上記に多く当てはまる人は若年性痴呆症(認知症)と診断される可能性が高いといえます。

痴呆症の初期症状は特徴的な歩き方と寝言だった!

若年性痴呆症の原因について

原因はうつによく似た症状が出るアルツハイマー病、生活習慣の乱れからくる脳血管障害、行動に異変が出るピック病、薬物、アルコール依存症、パーキンソン病、エイズ、脳腫瘍後遺症など様々です。

その中でもピック病はやっかいで、アルツハイマー病とよく似ているのですが、違いは平均発病年齢が54歳と若く、怒りっぽくなったり、言葉が話せなくなったり、さほど不安感情が見えないといった点です。

現在では有効的な治療方法が見つかっていません。

ですから、早期発見することがとても重要です。検査は主に知能検査、脳の画像診断、血液検査で行います。

知能検査は記憶障害、見当識障害、言語障害、実行機能障害、判断力の低下などを調べます。画像診断はCT、MRIなど使用し、脳に異常がないかを調べます。

若年性痴呆症(認知症)を受け入れてくれる介護施設は実際少ないと言えます。高齢者とのトラブル回避のためです。実質、在宅介護になるでしょう。

家族側のストレスも大きいです。あれ?おかしいな。と思ったらすぐに、認知症外来を受診しましょう!

軽度認知障害をテスト診断!チェックするポイントはどこ?

01

実際に認知症の母に効果のあったアロマの詳細を見る


 - 認知症

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

home
医療費控除と介護施設費用について!

在宅介護が無理になった家族。介護施設に入居が決まり、毎月の費用を負担するようにな …

gift
祖母にプレゼントするオススメの認知症予防のアロマペンダント!選ぶ際の注意点は?

高齢化に伴い、深刻化する認知症の問題。根本的な治療法が未だに解明されていない認知 …

brain
認知症患者は施設に入居しても認知症は進行していくのだろうか

認知症の進行を止める方法はない 現状でいえば、 認知症の進行を完全に止めるという …

耄碌してしまった高齢者
レビー小体型認知症の検査診断基準は?

レビー小体型認知症とアルツハイマー型認知症の違い 認知症といえばアルツハイマー型 …

怒り顔のシニアのアップ
認知症の初期症状は怒りっぽいのか?

高齢化社会の到来とともに増えてきている認知症患者。認知症はもはや他人事の病気では …

grandmother
急に姑が意地悪に!認知症のサインかも!

認知症は早期に発見することが大切と言われますが、発症初期にはなかなか気づかないも …

institution
札幌でオススメの認知症患者の施設は?口コミや料金はこちら!

年々増えている認知症患者。徘徊中の高齢者が起こした事故の賠償金が老老介護の妻に命 …

dementiasupport
前頭側頭型認知症ピック病の症状!特徴や原因は遺伝にあったのか?

前頭側頭型認知症ピック病と聞いてもたいていの人は何の病気かすらわからないですよね …

dementiasupport
認知症の発症を遅らせるにはコミュニケーション、運動、食事?本当に予防できるのか?

進む高齢化。加齢とともに高まる認知症のリスク。65歳以上の認知症患者は、厚生労働 …

Doctor talking with his patient and the family
認知症の看護のポイントは?基本的な接し方やコミュニケーションについて!

認知症のケアに大切なこと 認知症の看護で重要になるのが、観察することです。毎日観 …