認知症予防あるある体験談

認知症の親の介護を13年間経験していました!

*

認知症の人は暑さや寒さを感じずらくなるのは本当なのか?

      2017/09/02

《注目》1ヶ月間匂いを嗅いで認知症の母の暴言や暴力が改善したアロマはコチラ

 

dementiasupport

認知症というと物忘れの病気という印象がありますが、それ以外にも「その人らしさ」が失われてきたら、認知症を疑うことが必要になってきます。

ことに服装が季節にそぐわないものになってきたら、認知症を発症している可能性があります。

真夏なのに異常な厚着をすることが多い

高齢になると、冷房を嫌がる人は少なくありません。扇風機の風が直接当たるのすら嫌がる高齢者も多いようです。

高齢になると、活動量も低下し、皮膚の表面近くを走っている血管も気温に対する反応性が鈍くなります。

体感温度に対する感覚が、若い頃に比べると鈍くなるため、真夏でも長袖を着る高齢者は少なくありません。

しかし真夏にセーターを着ているようなら、明らかに行き過ぎです。季節に応じた服装とは言えません。

さらに重ね着をしているようなら、今が夏だということが分かっていない可能性があります。認知症が疑われます。

→認知症予防に効果があるトレーニング

認知症に罹ると感覚系の障害が現れることも

認知症は脳の病気です。大脳全体の機能が低下します。そのため、記憶障害のみならず、判断力が低下したり、見当識障害が現れることが知られていますが、少なからぬ人が暑さや寒さも分からなくなります。

真夏なのに暖房を入れていたり、真冬なのに冷房を入れていたりして、家族が驚くことは少なくありません。

要介護2程度の段階でも、感覚系の障害は現れます。デイサービスに行く時の服装には注意したいものです。

入浴サービスがある日には、本人が「暑い!」と言って着ていた服を脱いでしまっても、スタッフはその訴えをそのまま受け止めてしまい、薄着のまま帰宅して風邪をひいたという話もしばしば聞かれます。

→認知症の進行を抑えるならトレーニングが効果的!?

認知症に罹ると自覚症状と訴えが一致しないことが多い

認知症に罹ると、暑さや寒さ、痛みなどについての感覚が低下すると言われています。大脳の機能が低下するためというのが、一般的な解釈です。ただし詳しいことは分かっていません。

腕を折ってひどく傷んでいるはずなのに、「痛い!」と訴えようとしない人もいます。治療者が困るケースです。

身体感覚については、認知症に罹っても自覚しているはずだから、本人の意思表示を尊重すべきだと主張する医療従事者もいます。

しかし実際には、暑さや寒さ、痛みなどの感覚を適切に訴えられない患者が多数います。認知機能の低下と見当識障害によって、

その時の感覚ではなく、印象に残っている過去の感覚を訴えているのではないかとする医師もいます。少なくとも本人にとっては厚着をしていたら「今」は冬であり、薄着をしていたら「今」は夏なのです。

本人の認識を変えようとすることは、混乱を招きます。さりげなく体温を確認して空調を調節するようにしましょう。

 

01

実際に認知症の母に効果のあったアロマの詳細を見る


 - 認知症

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

車椅子で散歩をする夫婦
アルツハイマー型認知症の初期症状について!

日本の認知症患者は、高齢者の15%を占めているとされています。年々増加している認 …

successioninheritance
認知症の相続人の悩み!家族のためにも 後見人手続きを考えよう!

認知症患者が増えています。相続の問題が生じた時に相続人の中に認知症の人がいること …

Alte Hnde
重度の認知症患者は安楽死をさせるべきなのか?

安楽死が合法化された国で起こっていること まず、はじめに言っておきたいのは、 現 …

Mature woman with insomnia
老人性痴呆症の症状は昼夜逆転!対策や対応は?

高齢者はもともと昼夜逆転しやすい! だけど…… 年を取ると眠りは浅くなります。昔 …

dementiasupport
認知症の発症を遅らせるにはコミュニケーション、運動、食事?本当に予防できるのか?

進む高齢化。加齢とともに高まる認知症のリスク。65歳以上の認知症患者は、厚生労働 …

boke
認知症予備軍になっていたら⁉︎まだ間に合うぼけ&物忘れ予防対策!

認知症。その人らしさをつくっている認知機能が、低下していく病気です。認知症を発症 …

Antrag Erteilung Pflegestufe Taschenrechner Stift
軽度認知障害をテスト診断!チェックするポイントはどこ?

 経度認知障害(MCI)とは、正常な状態と認知症の間のグレーゾーンのことを言いま …

介護・車椅子
認知症患者による暴力や暴言の原因と対処方法

認知症による暴言や暴力に悩まされている家族って結構います。せっかく介護しているの …

dementiasupport
認知症がある要支援1の母が入院!認知症の症状が進行するのを少しでも遅らせるための3つの工夫

進む高齢化。高齢になるにつれて増えてくるのが認知症です。認知症の有病率は、65歳 …

dementiasupport
認知症の進行を遅らせる治療薬の効果は?副作用にはどのようなものがあるのか?

認知症には、根本的な治療薬はまだありません。ただし、進行を遅らせる薬は開発され、 …