認知症予防あるある体験談

認知症の親の介護を13年間経験していました!

*

認知症は治るのか?治療が出来ないと言われている理由はアレだった!?

      2016/01/06

《注目》1ヶ月間匂いを嗅いで認知症の母の暴言や暴力が改善したアロマはコチラ

Elderly care

認知症の約10%は早期に発見すると治すことができるとされています。

脳腫瘍、慢性硬膜下血腫、正常圧水頭症などの外科治療の対象となる疾患による認知症、薬の副作用によるせん妄状態から引き起こされた認知症などは、現在でも治る認知症と言われています。

しかし、それ以外の三大認知症には根治療法がないのが実情です。認知症の治療には希望がないのでしょうか。

三大認知症の治療の今

三大認知症とは、アルツハイマー型認知症、レビー小体型認知症、脳血管性認知症のことです。

脳血管性認知症は、生活習慣病に罹らないようにすることで、予防することはできますが、一旦発症すると、根治はできません。

血圧のコントロールや脂質異常症の治療によって、症状が進行するのを間接的に食い止めることになります。

レビー小体型認知症は、薬剤への過敏性が知られており、現在は、アルツハイマー型認知症の治療薬を少量ずつ処方されています。

三大認知症の中で治療薬があるのは、アルツハイマー型認知症です。現在、日本で使用されている認知症の薬は、4種類です。

アリセプト、レミニール、リバスタッチパッチ、メマリーです。いずれもアルツハイマー型認知症の進行を遅らせることを目的とした薬です。

アリセプトは、1999年に販売が開始された国内最初の認知症治療薬です。神経細胞の神経伝達物質である、アセチルコリンを増やすことを目的とした薬です。

2011年に認可されたレミニール、リバスタッチパッチも、アセチルコリンを増やすことを目的としています。同じく2011年に認可された認知症治療薬のうち、メマリーはグルタミン酸濃度を下げることを目的とした薬です。

ただし、いずれの薬も、アルツハイマー型認知症を根本的に治療する薬ではありません。

アルツハイマー型認知症の原因と考えられている、アミロイドβやタウの凝集を防ぐことができないためです。

軽度認知障害の症状や治療方法について

アルツハイマー型認知症を予防するには?40代から始めたい5つの生活習慣

近い将来に認知症の治療薬が完成する⁉︎

認知症の研究が進んでいるアメリカにおいても、認知症を根本的に治す薬の開発は、順調に進んでいません。過去20年の間に101もの新薬が開発されていますが、失敗に終わっています。

アルツハイマー型認知症は、脳細胞が異常なタンパク質の蓄積で死滅することが繰り返されて発症することが分かっていますが、いつから蓄積が始まり、どのように蓄積が進んでいるのかが不明だったためです。

脳細胞の変化過程が研究できないことが、認知症の治療薬の研究を阻んできました。そのような状況を打開するのが、現在アメリカのワシントン大学で行われている研究です。

150人近くを巻き込んだプロジェクトです。画期的なのは、家族性アルツハイマー型認知症の人の協力を得られたこと。

観察の結果、認知症を発症する25年前からアミロイドβが溜まり始め、15年前からタウが蓄積し始めることが分かりました。

アミロイドβとタウがともに、蓄積されるようになるのとほぼ同時に、海馬も萎縮し始めることも明らかになりました。

この研究結果を受けて、イギリスではタウの蓄積を抑える薬の開発が進み、現在臨床試験の最終段階に入っているそうです。

認知症の進行を遅らせる治療薬の効果は?副作用にはどのようなものがあるのか?

01

実際に認知症の母に効果のあったアロマの詳細を見る


 - 認知症

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

dementiasupport
認知症がある要支援1の母が入院!認知症の症状が進行するのを少しでも遅らせるための3つの工夫

進む高齢化。高齢になるにつれて増えてくるのが認知症です。認知症の有病率は、65歳 …

杖を握るシニア
認知症の介護が虐待につながらないために気をつけるべき事

認知症の介護をしていたが介護がいつの間にか虐待に。。。そして両親の命を奪ってしま …

杖を握るシニア
老人性認知症の初期症状について!

増え続ける高齢者。65歳以上の高齢者は、平成24年度の時点で7人に1人の割合に達 …

home for the aged
神戸でオススメの認知症患者の施設は?口コミや料金はこちら!

トラストグレイス御影(兵庫県神戸市灘区土山町16-2) ゆとりのある広い部屋と、 …

sleep
認知症の症状なのか?一日中寝ていて起きるのを億劫がる祖母の様子が心配!

認知症と診断された家族。その後、終日、眠そうな様子で、起きようとしない…。好物を …

くすり
レビー小体型認知症の治療薬の副作用は?対応や病院のリハビリについて!

レビー小体型認知症の特徴:薬剤過敏性 レビー小体型認知症の特徴として、薬に過敏に …

successioninheritance
認知症の相続人の悩み!家族のためにも 後見人手続きを考えよう!

認知症患者が増えています。相続の問題が生じた時に相続人の中に認知症の人がいること …

介護・車椅子
認知症患者による暴力や暴言の原因と対処方法

認知症による暴言や暴力に悩まされている家族って結構います。せっかく介護しているの …

Gavel. Judge's hold hammer on wooden table
認知症の徘徊行動で損害賠償も!施設に入れるタイミングは?

認知症の徘徊で起こった衝撃的な事件 愛知県大府市のJR東海共和駅構内で、認知症で …

怒り顔のシニアのアップ
認知症の初期症状は怒りっぽいのか?

高齢化社会の到来とともに増えてきている認知症患者。認知症はもはや他人事の病気では …