認知症予防あるある体験談

認知症の親の介護を13年間経験していました!

*

祖母にプレゼントするオススメの認知症予防のアロマペンダント!選ぶ際の注意点は?

      2016/01/05

《注目》1ヶ月間匂いを嗅いで認知症の母の暴言や暴力が改善したアロマはコチラ

gift高齢化に伴い、深刻化する認知症の問題。根本的な治療法が未だに解明されていない認知症は、恐れられている病気の一つです。認知機能が低下するため、症状が進行すると、その人らしさを失っていくということも、本人のみならず、家族も心を痛めます。

「歳をとっても、いつまでも元気でいてほしい」そのような願いを託して、高齢の両親に認知症予防に役立つとされるグッズをプレゼントする人が、増えているようです。そうしたグッズの中で、近年、人気が高いのが、アロマペンダントです。

アロマの香りに認知症予防の効果あり

精油の香りで癒しの時間をもたらすアロマセラピー。穏やかな気持ちになったり、元気になったり、安眠できるようになったりと、さまざまな効果をもたらすことが知られています。そうしたアロマセラピーに認知症予防の効果もあることが、明らかにされてきました。

アロマセラピーと認知症の関係を研究しているのは、鳥取大学の浦上克哉教授。浦上教授がアロマに着目したのは、認知症を発症すると、最初にダメージを受けるのが嗅神経だということが、明らかになったことがきっかけでした。

人間の五感、視覚、聴覚、嗅覚、味覚、触覚のうち、大脳辺縁系にダイレクトに届くのは嗅覚だけ。大脳辺縁系は、記憶を司る海馬や、刺激によって反応する扁桃体などを含む部位です。記憶を司る海馬と嗅覚に関わる嗅神経。近いところに位置する2つは、従来は関連づけて考えられることがありませんでした。

認知症との関係で注目されてきたのは、記憶を司る海馬で、海馬がダメージを受けることで認知症が発症すると、従来は考えられていました。海馬の前に嗅神経がダメージを受けていることが明らかになり、嗅神経の受けたダメージが海馬に伝わることが分かってきました。

ダメージが嗅神経から海馬に伝わるのなら、嗅神経の働きを回復させることで、海馬のダメージを改善することが可能なのではないか?そのような考えから、浦上教授は、嗅神経に刺激を与えることに注目しました。嗅神経は、再生力が高いことに着目しての試みです。

浦上教授は、嗅神経を効率よく刺激する香りの組み合わせを研究し、その香りを認知症患者に1カ月嗅いでもらいました。その結果、8割以上の患者に症状の改善が見られました。物忘れが激しかった人が、複数のことを同時にこなせるまでになったそうです。認知症を発症する前の段階の認知機能が低下してきた状態の人にも、もちろん効果はあり、認知症予防の効果が、アロマの香りに認められるということが、広く知られるようになりました。

アロマオイルで認知症予防。うつ病の疑いがある時に使ったらいけない精油はあるのか⁈

アロマは昼と夜で異なる香りを嗅ぐのがコツ

嗅神経を効率よく刺激するには、コツがあります。コツは、昼と夜で異なる香りを嗅ぐこと。昼と夜では優位に働く自律神経が異なります。優位に働く自律神経の働きを促すような香りを嗅ぐことが、嗅神経を効率よく刺激することにつながります。

自律神経は、昼は交感神経が優位に働き、夜は副交感神経が優位に働きます。そのため、昼間は交感神経を刺激する香りを嗅ぎ、夜間は副交感神経を刺激する香りを嗅ぐことが推奨されています。

選ばれた精油は、昼用がローズマリーとレモン、夜用がラベンダーとオレンジです。精油の比率は、2対1。2にするのは、昼用がローズマリー、夜用がラベンダーです。つまり、昼間はローズマリー2滴とレモン1滴、夜間はラベンダー2滴とオレンジ1滴の精油を芳香すると、嗅神経が効率よく刺激されると、浦上教授は言います。

いずれの香りも2時間以上嗅ぐと良いとされています。昼用アロマは、午前中に2時間以上嗅ぎ、夜用アロマは就寝の1時間前から2時間以上嗅ぐことが大切だとされています。

知症の症状なのか?一日中寝ていて起きるのを億劫がる祖母の様子が心配!

昼用アロマはアロマペンダントを利用するのがオススメ

原則として室内にいる夜間は、アロマディフューザーを使用して精油の香りを嗅ぐことができます。問題は活動量が多い昼間。昼間はアロマペンダントを利用すると、行動を抑制することなく、精油の香りを嗅ぐことができます。

アロマペンダントは、精油を何らかの形で入れた器をペンダントトップに加工した品です。素材はさまざまあり、素材によって、精油の扱い方は異なります。

現在出回っているアロマペンダントで、最も多いのは、ステンレス製のペンダントトップです。ステンレス製では、容器の中にフィルターを入れ、精油はそのフィルターに染み込ませるようになっています。木製のペンダントトップも同じ構造です。フィルターは、吸水フィルターパットかフェルト。精油の香りが薄れたり変質したりしたら、使い捨てです。

他には、ガラス製、天然石製、陶磁器製のペンダントトップもあります。ガラス製や天然石製のペンダントトップでは、精油を直接注ぎ込むようになっています。ただし、焼き物の場合は、直に精油を注ぎ込むと変色してしまうため、内側にガラスの器をセットするのが普通です。

認知症の母にアロマを焚いた結果×××になった

何より大切なのはペンダントトップに穴が開いていること

認知症予防にアロマが有効だということがメディアに取り上げられてから、アロマペンダントの需要は急増しました。今では「アロマペンダント」と打ち込んで検索すれば、非常に多くの品を検討することができます。素材を組み合わせて検索すれば、一層多様な品を見ることができます。デザインもお洒落なものが多く、ファションとしてペンダントを楽しむことも十分にできます。

「せっかくならお洒落も楽しんでほしい!」プレゼントするとなれば、そのように考えてデザインを重視するのが普通です。贈る相手の喜ぶ顔を思い浮かべながら、楽しい品定めの時間です。

ただし、重要なことがあります。精油の香りを嗅ぐのが目的のアロマペンダント。何よりも大切なのは、精油の香りを嗅ぐことができる穴が開いているということです。いたって当たり前のことなので、うっかりしやすい点です。

このような点に注意が必要になるのは、形状と大きさが似ているものに遺骨用のペンダントがあるからです。「メモリアルペンダント」と呼ばれることもあります。通常のペンダントと異なり、本人にとって大切なものを肌身離さず携帯することを主たる目的とするペンダントとして、アロマペンダントと遺骨用ペンダントは、同じ業者が製造販売することが多いようです。

また、アロマペンダントの需要の急増に伴い、一部の業者は、遺骨用ペンダントをアロマペンダントとして販売している実態もあると言われています。焦って購入し、いざ手元に届いたペンダントトップに精油を入れたところ、まったく香りがせず、不審に思ってよくよく眺めたところ、ペンダントトップのどこにも穴が開いていなかったという訴えは、ネットでもしばしば見られます。

そのような不都合は、ステンレス製のペンダントトップに比較的多いようです。デザインだけでなく、前提となる芳香用の穴の存在に、十分に注意を払い、しっかりと確認するようにしましょう。

脳梗塞になった父、おかしな言動と行動で認知症と判明。その時家族は×××だった

アロマペンダントに2つ穴が多いのはどうして?

アロマペンダントでは、芳香用の穴は、ペンダントトップの上に2つ開いているものが多いようです。木製のペンダントトップでは、透し彫りにしたところから精油の香りが漂うように工夫されているものもあります。また、ペンダントトップの裏面に穴が開いているものもありますが、服に精油が触れないように配慮するため、裏面の穴は少ないようです。

アロマペンダントの中でも品数が多いステンレス製では、芳香用の穴は2つがスタンダード。どうしてでしょうか?2つ穴だと、精油の香りが、時々、ふっふっと自覚できるように漂うためだとされています。

嗅覚は、常に漂っているニオイには次第に反応しなくなる性質を持っています。時々ニオイが感じられるという状態が、脳に刺激を与えるわけです。2つ穴は、精油の香りが脳に刺激を与えやすいように工夫されたものと言えます。

それでも、香りがあまり感じられず、もう少しはっきりと香りを嗅ぎたいという場合は、ペンダントトップを鼻の近くに持って行きましょう。ただし、深呼吸はしないようにしてください。香りは鼻の内部の嗅細胞で感じますので、そっと嗅ぐだけで十分です。何度も深呼吸すると、精油の成分が肺に入って不快感を感じることもあります。

01

実際に認知症の母に効果のあったアロマの詳細を見る


 - 認知症

  関連記事

介護・車椅子
認知症患者による暴力や暴言の原因と対処方法

認知症による暴言や暴力に悩まされている家族って結構います。せっかく介護しているの …

Alte Hnde
重度の認知症患者は安楽死をさせるべきなのか?

安楽死が合法化された国で起こっていること まず、はじめに言っておきたいのは、 現 …

home for the aged
神戸でオススメの認知症患者の施設は?口コミや料金はこちら!

トラストグレイス御影(兵庫県神戸市灘区土山町16-2) ゆとりのある広い部屋と、 …

医師 高齢者 おばあさん 医療
アルツハイマー型認知症の寿命について!

アルツハイマー型認知症の寿命は個人差が大きい アルツハイマー型認知症は発症年齢や …

認知症
アルツハイマー型認知症の症状を段階チェック!

アルツハイマー型認知症初期~中期 アルツハイマー型認知症の初期は、老化によって起 …

institution
札幌でオススメの認知症患者の施設は?口コミや料金はこちら!

年々増えている認知症患者。徘徊中の高齢者が起こした事故の賠償金が老老介護の妻に命 …

longlife
東京でオススメの認知症患者の施設は?口コミや料金はこちら!

ロングライフ葛西(東京都江戸川区中葛西5-22-14) 駅から徒歩5分という利便 …

Mature woman with insomnia
老人性痴呆症の症状は昼夜逆転!対策や対応は?

高齢者はもともと昼夜逆転しやすい! だけど…… 年を取ると眠りは浅くなります。昔 …

車椅子で散歩をする夫婦
アルツハイマー型認知症の初期症状について!

日本の認知症患者は、高齢者の15%を占めているとされています。年々増加している認 …

dementiasupport
認知症の発症を遅らせるにはコミュニケーション、運動、食事?本当に予防できるのか?

進む高齢化。加齢とともに高まる認知症のリスク。65歳以上の認知症患者は、厚生労働 …