認知症予防あるある体験談

認知症の親の介護を13年間経験していました!

*

認知症の発症を遅らせるにはコミュニケーション、運動、食事?本当に予防できるのか?

      2016/01/05

《注目》1ヶ月間匂いを嗅いで認知症の母の暴言や暴力が改善したアロマはコチラ

dementiasupport

進む高齢化。加齢とともに高まる認知症のリスク。65歳以上の認知症患者は、厚生労働省の推計では約462万人。7人に1人の割合です。

もはや他人事とは言えないのが認知症。認知機能が障害されるため、記憶力、判断能力、見当識など、その人らしさを支える能力が損なわれていく病気です。根本的な治療法が未だ確立されておらず、早期発見にも増して、予防が重要になります。

認知症の予防に強調されるコミュニケーションの大切さ

認知症の中でも患者数が多く、認知症の代名詞的存在であるアルツハイマー型認知症。アルツハイマー型認知症を予防するには、人と交わることが大切だとされています。

人と歓談したり、趣味を一緒にしたり、旅行に行ったりと、いろいろな目的で他の人と交わることは、アルツハイマー型認知症を予防する良い方法だと言われています。

人との充実したコミュニケーションを行なっている人は、孤独で閉鎖的な生活を送っている人に比べると、アルツハイマー型認知症に罹る可能性は、8分の1に抑えられているとの報告があります。

認知症の看護のポイントは?基本的な接し方やコミュニケーションについて!

運動をしている人はアルツハイマー型認知症になりにくい

運動も、認知症の予防対策で推奨されています。福岡県久山町で行なわれた7年間の健康調査では、運動をよくしている人は、アルツハイマー型認知症に比較的なりにくいとの結果が出ています。

アルツハイマー型認知症の原因は、解明途中ですが、現在分かっているのが、アルツハイマー型認知症を発症した人の脳にはβアミロイドやタウと呼ばれるタンパク質が蓄積していたり、過剰なリン酸化が起こっているということです。βアミロイドやタウの蓄積、過剰なリン酸化などによって、脳の神経伝達組織の機能が低下し、脳細胞が死滅するために認知症を発症すると考えられています。

アルツハイマー型認知症の発症に深く関わるβアミロイドの蓄積。そのβアミロイドを分解する酵素が、運動によって活性化されるとの報告があります。

また、運動すると、体内の酸化ストレスが減少し、インスリン分解酵素が活性化されて、タンパク質のリン酸化を防ぐ効果があることも指摘されています。そのため、運動をよくすると、アルツハイマー型認知症の危険因子を抑えることができると考えられています。

アルツハイマー型認知症を予防するには?40代から始めたい5つの生活習慣

認知症予防には推奨される肉より魚の食事

食生活も、問題にされています。自治医科大学大宮医療センターの研究チームは、アルツハイマー型認知症の発症には食生活が深く関わっていることを指摘しました。

健康な人に比べて、アルツハイマー型認知症を発症した人たちは、栄養バランスが乱れていると発表。穀物、肉類、植物油の摂取量が多く、魚、海藻類、緑黄色野菜が不足していると指摘しました。

野菜を十分に摂っている人は、不足している人に比べると、アルツハイマー型認知症に罹る率が3分の1少ないとも言われています。また、魚、中でも青魚をよく食べている人は、食べない人に比べて、アルツハイマー型認知症に罹る可能性が、5~6分の1に抑えられていると言われています。

認知症の原因とされるタンパク質!何が問題?原因物質を抑えることは食事で可能なのか?

認知症予防で注目されるDHAの効果

青魚が良いとされるのは、DHAが豊富に含まれるためです。DHAがアルツハイマー型認知症を抑制する可能性を調べた研究があります。京大IPS細胞研究所と長崎大学の研究グループが行なった試験です。

50~70歳代の男女4人のアルツハイマー型認知症患者から作った、IPS細胞を脳細胞に変化させたものを用意。βアミロイドが蓄積した脳細胞です。4人の細胞のうち、2人の細胞には低濃度のDHAを投与。2週間後に死滅した細胞の割合を両者で比較しました。

その結果、DHAを投与しなかった脳細胞では、32%が死滅していたのに対し、DHAを投与した方の脳細胞は、死滅率が15%にとどまったことが分かりました。

認知症の母にアロマオイルを使って進行を防いだ方法

DHAはむしろ脳血管性認知症患者に効く⁈

脳細胞に直接投与した時に有効性が示唆されたDHA。人体に投与された時には、アルツハイマー型認知症患者よりも脳血管性認知症患者に効果を発揮しているようです。

宮永和夫氏を中心とする研究チームの調査があります。DHAが認知症患者に及ぼす影響を調べた研究です。調査対象は、認知症を治療中の患者。脳血管性認知症患者が大半ですが、アルツハイマー型認知症患者も5人だけ含まれています。

研究では、患者を3つのグループに分けました。従来の治療のみを受けるグループ、従来の治療に加えて脳循環改善剤を投与するグループ、DHAを投与するグループの3つです。この調査の特徴は、DHAの効果を脳循環改善剤とも比較しようとしたことです。

アルツハイマー型認知症患者5名は、全員、DHA投与グループに入ってもらいました。比較の対象は無いものの、脳血管性認知症患者と似た傾向を示せば、DHAの効果が、アルツハイマー型認知症患者にも認められる可能性が高くなります。

DHAの投与量は、1日700~1400mg。ちなみに、DHAは、重篤な副作用は知られていません。急性毒性を調べた他の調査では、高純度のDHAを体重1kgあたり2g投与した動物実験でも、まったく副作用は現れなかったと言います。投与期間は6ヶ月。

その結果、脳循環改善剤もDHAも投与されなかったグループでは、見当識、判断力、高次機能などで有意な低下が見られました。脳循環改善剤投与グループでは、見当識は低下していたものの、判断力や高次機能については、有意な低下は見られませんでした。そして、DHAを投与したグループのうち、脳血管性認知症患者については、計算力、判断力、高次機能において有意な治療効果が得られたとのことです。

ただし、この調査では、アルツハイマー型認知症患者については、有意な治療効果が認められたとの報告はありません。

アマニ油が認知症に効果的!効能について!

認知症の対策はセットで効果を発揮する⁈

アルツハイマー型認知症を抑制するのか?脳血管性認知症の症状を改善するのか?研究途上にあるDHA。いずれのタイプの認知症にしても、DHA単独での効果を疑問視する調査結果も報告されています。

アメリカで行なわれた調査です。対象者は、65~80歳の女性、2157人。全員、認知症は発症していません。子宮摘出手術を受けた女性たちです。

血液検査で、DHAとEPAの濃度を測定。EPAも青魚に含まれる栄養素で、認知症を予防する効果があるのではないかと注目されている成分です。DHAもEPAも、体内では合成できません。血液中の濃度は、普段の摂取量を反映することになります。

調査では、血液中のDHAとEPAの濃度によって、3つのグループに分けました。低濃度、中濃度、高濃度の3つのグループです。対象者には、7項目の認知機能検査を実施。その結果、低濃度よりも高濃度のグループで認知機能が高いことが分かりました。

しかし、他の要因をデータに重ねた時、認知機能検査の違いに有意な差が認められないことも判明。教育、肥満度、運動、喫煙、飲酒などの影響を除外して検討し直すと、7項目のうち、6項目では低濃度と高濃度に差が無いことが分かりました。残りの1項目も僅差で、有意な違いとは認められないとの結果になりました。

DHAやEPAの摂取は、認知症予防に効果がある。ただし、単独で効果を発揮するのではなく、生活習慣との相乗効果であることを示す調査結果と言えます。

認知症の症状なのか?一日中寝ていて起きるのを億劫がる祖母の様子が心配!

原因解明途中の認知症を予防するには

認知症は、未だに根本的な治療法が確立されていません。原因が解明されていないためです。脳血管疾患が、背景にあることが分かっている脳血管性認知症でさえ、例外ではありません。

脳血管性認知症は、脳血管疾患を患った人に発症します。ただし、脳血管疾患を患った人がすべて脳血管性認知症を発症するわけではありません。なぜ、脳血管性認知症を発症する人と発症しない人がいるのかは、まだ分かっていません。

原因が解明されていない中、有効とされる治療薬が開発され、症状の進行を遅らせているのが実情です。そのため、認知症の予防対策も、効果があるとされることをセットで行なっていくことが大切になります。

どの方法も、認知症のリスクを下げるものです。「こうすれば認知症にならない」という方法はありませんが、認知症になりにくい生活習慣は、すでにいくつも指摘されています。そうした方法を組み合わせて行なっていくことが、原因が解明されていない認知症という病気を予防するうえでは、大切です。

認知症予備軍になっていたら⁉︎まだ間に合うぼけ&物忘れ予防対策!

01

実際に認知症の母に効果のあったアロマの詳細を見る


 - 認知症

  関連記事

杖を握るシニア
老人性認知症の初期症状について!

増え続ける高齢者。65歳以上の高齢者は、平成24年度の時点で7人に1人の割合に達 …

oil
認知症予防やボケ防止にはココナッツオイル(油)が効果的なのは本当なのか?

  年を取ると物忘れが激しくなる人もいらっしゃいます。もっと悪化してし …

医者 相談 Daughter tells the doctor about her father
認知症の介護で疲れた・・・もう死にたいって思った時に読んでください

認知症の身内を介護している人で「疲れた」と感じる人は多いです。私も実際何度もそ …

chocolatea
チョコレートが痴呆症予防になるって本当!?

カカオポリフェノールの抗酸化作用が認知症予防に効く! チョコレートには多くのポリ …

sleep
認知症の症状なのか?一日中寝ていて起きるのを億劫がる祖母の様子が心配!

認知症と診断された家族。その後、終日、眠そうな様子で、起きようとしない…。好物を …

車椅子で散歩をする夫婦
アルツハイマー型認知症の初期症状について!

日本の認知症患者は、高齢者の15%を占めているとされています。年々増加している認 …

dementiasupport
認知症の人は暑さや寒さを感じずらくなるのは本当なのか?

  認知症というと物忘れの病気という印象がありますが、それ以外にも「そ …

手を鎖で縛られたビジネスマン
認知症の親族が犯罪を犯してしまったら?家族にも責任はあるのか!

認知症の人が犯罪行為を起こすことはあるのでしょうか?もし自分の親が認知症になって …

Gavel. Judge's hold hammer on wooden table
認知症の徘徊行動で損害賠償も!施設に入れるタイミングは?

認知症の徘徊で起こった衝撃的な事件 愛知県大府市のJR東海共和駅構内で、認知症で …

successioninheritance
認知症の相続人の悩み!家族のためにも 後見人手続きを考えよう!

認知症患者が増えています。相続の問題が生じた時に相続人の中に認知症の人がいること …